代理店型の特徴

対面で説明やアドバイスを受けられる

自動車保険というのは、ノンフリート等級やノーカウント事故などの専門的な言葉が出てきたりするので、何がなんだかよく分からないと感じる人も少なくありません。よく分からない言葉を理解するには、人によっては多くの時間がかかることも。代理店型の自動車保険の場合、担当者から対面で気になることをすぐに聞くことができます。そのため、保険の契約をするまでの時間が通販型の場合と比べて少なくなる傾向があるといえるでしょう。また、保険内容に迷っている場合には、専門家ならではの的確なアドバイスをもらうことができます。そのため、万が一の場合に保険金を貰えなかったり、不必要なオプションを付けてしまい保険料が高くなったりしてしまうことを、防ぎやすくなるでしょう。

事故現場に担当者が来てくれることもある

事故を起こしたり巻き込まれたりする場合は、多くの人は慣れていないので、パニックになる人も少なくありません。頭が混乱してしまうと、事故対応が不完全になったり、相手方と言い争いになってしまったりすることもあるかもしれないです。代理店型の自動車保険の場合は、担当者によって、事故現場に駆けつけてくれることがあります。確かな知識を持つスペシャリストが近くにいてくれるので、頭が混乱してしまうことを防ぎやすくなり、また、パニックになっているとしても早期に通常の精神状態に戻しやすくなるでしょう。これらのことは、通販型の場合は期待できないこと。ただ、事故が起きた時間帯が夜間や遠方の場合は、担当者に来てもらうことは基本的に難しいです。