ダイレクト型の特徴

費用が安い傾向にある

ダイレクト型自動車保険の特徴のひとつに、保険料が安い傾向にあるというものがあります。ダイレクト型自動車保険は利用者自らが手続きをする形となっていますから、その分だけ対応するための人であったり事務所が不要となります。一番お金のかかる人件費をカットでき、全国に事務所を構える必要がないため、保険会社としてもコストが軽減されます。コストが軽減された分を保険料を安くするという形で利用者に還元をすることができるので、代理店型自動車保険と比較をして保険料が安い傾向にあるのです。実際の保険料は保険会社によって変わるので、一概には言えませんが、全体的に見ればダイレクト型自動車保険の方が保険料は安くなるのが一般的です。

サポート面での不安が残る

保険料を節約できるのがダイレクト型自動車保険の魅力ですが、サポート面での不安が残るという欠点があります。人や事務所が削減されているということは、いざ相談をしたい時に相談をしづらいという問題があるためです。電話やチャットでのサポートは用意されていますから、直にあってわからないところを相談したいとなった時に、ダイレクト型自動車保険ではできないことが多くあります。また、別途直接相談ができるオプションが用意されている場合には、直接相談ができるもののサポート料が発生してしまうとダイレクト型自動車保険の利点のコストの安さが損なわれてしまいます。このように、利用者自らが申し込むスタイルであるだけに、サポート面での代理店型自動車保険よりも劣るという特徴があることを覚えておきましょう。