ダイレクト型のメリット

ネット上で比較しながら契約できる

自動車保険を提供するのは損害保険会社で、日本で古くから運営している会社もあれば外資系などもあります。最近増えてきたのがダイレクト型保険を販売するネット損保会社で、それぞれに特徴があるためどこを選んだらいいのか迷うときもあるでしょう。ダイレクト型保険のいいところは自分で加入手続きができる点ですが、どの損保会社を選んだらよいかの比較もしやすくなっています。各ネット損保会社はそれぞれ見積もりページなどを用意していて、条件を入力すれば保険料などの情報が表示され内容の保存もできます。代理店だと一社の情報しかわからないのでそれが自分に合っているかわかりにくいですが、ダイレクト型ならネット上で比較をして最も合う保険を選んで契約可能です。

書類でなくマイページで内容を確認可能

保険の契約をすると保険証書と呼ばれる書類が保険会社から送られてきます。それらの書類は重要なので、内容を確認して厳重に保管しなければいけません。しかし保険は一旦契約するとそれ以降保険を使う機会が無ければ内容を確認しませんし、書類をどこにしまったか忘れて探すのに苦労するときもあります。自動車保険においてはダイレクト型があり、こちらはネット上で契約ができ中には保険証書の送付を行わないところもあります。保険の内容は契約時に知らされるネット上のマイページで確認ができ、外出先からでも保険内容が見られます。書類の提出が必要な時はマイページの内容をその都度出力すればよく、自宅で厳重に保険証書を保管する必要はありません。