ダイレクト型のデメリット

自分自身で考えて契約する

毎年保険料が気になる自動車保険ですが、近年は料金の安さもあってネットなどから直接申し込みをするダイレクト型の人気が高まっています。安くなるなら今の保険から切り替えてしまおうと検討する前に、安いというメリットだけでなくデメリットはないのかも考えておかないといけません。代表的な内容の一つが、自分自身で補償内容を吟味して組み合わせを考え、契約までの細かな手続きまでも自分で作業をするということが挙げられます。これまで多く利用されてきた対面型は料金は高いものの、対面で質問をしたり手続き等も任せてしまえるので非常に楽だったと言う一面があります。自分で選んだ保険にしたいという方にうってつけと言えるのが、ダイレクト型の良さです。

そん色なく利用できるので安心を

自動車保険が安くなると負担が減るのは嬉しいけれど、肝心の補償などが疎かになっているのではないかと心配する向きもありますが、きちんと補償はされますし、事故対応に関してもこれまでとそん色ない対応をしてもらうことができるので安心して下さい。これまでも万が一のことがあったときに対応をしていくのは保険会社でしたが、ダイレクト型の場合は自分で直接問い合わせをして対応をしてもらうことになると思っておくと分かりやすいです。代理店が行ってきていたのはあくまでも保険会社との仲立ちをするというだけだったので、自分で問い合わせなどもどんどんしていけるのであれば、無駄なく必要な補償で自動車保険を利用できる良さがあると理解しておきましょう。