自動車保険の主な加入方法には、「代理店型」と「ダイレクト型」があります。代理店型は、店舗や顧客の自宅などで担当者と対面式で手続きを行う方法です。一方、ダイレクト型は、インターネットや電話を通し、直接保険会社と契約をする方法です。それぞれどのようなものなのか、以下にまとめてみましたので、自動車保険選びの参考にしてくださいね。

代理店型

代理店型の特徴

自動車保険というのは、ノンフリート等級やノーカウント事故などの専門的な言葉が出てきたりするので、何がなんだかよく分からないと感じる人も少なくありません。よく分からない言葉を理解するには、人によって…

代理店型のメリット

自動車保険の満期が近づくと、今度はどこの保険を利用するか迷うこともあるかもしれませんが、従来からの代理店型で続けるかどうか悩むことも少なくありません。代理店型の大きなメリットは、代理店のスタッフと…

代理店型のデメリット

一般的には基本的に契約までの手続きを全て自分で進める必要がある通販型は保険料が安くなりやすく、代理店型はプロと相談をしながら手続きを進められる代わりに保険料が高くなりやすい傾向にあります。もちろん…

ダイレクト型

ダイレクト型の特徴

ダイレクト型のメリット

ダイレクト型のデメリット